平野ノラの絵画の値段は?ジミー大西の絵に似てる?二人の絵を比較!

お笑い芸人の平野ノラさんが自身のInstagramに載せた新作絵画が、抜群のセンスと話題になってます。
以前から自分の絵画をInstagramで公開していたとか。
フォロワーさんから、その才能が凄いと話題になっていた様です。

私管理人は、勉強不足で知りませんでした。

香取慎吾さんとコラボで個展もやってもらいたいという声もあるほど。
そういえば香取さんも絵を描きますからね。

個展はやらないのでしょうか。
個展をやりそうですね。
————————————————————




<最新情報>
2月6日放送の日本テレビ系バラエティ番組「ナカイの窓」(毎週水曜よる23時59分~)に出演。
嵐の大野智にすすめられ、絵の個展を開く予定があることを明かした。

出典先:モデルプレス

このような情報が飛び込んで来ました。
個展の開催は間違いない様です。
————————————————————

話を戻します。
で、その絵画を見たところ、なんとあの芸人で芸術家の
ジミー大西画伯の画を思い出しました。

似ている?・・・・・・

もしそうなら、ジミー大西画伯の絵の価格と
同じくらいの値段が今後つくかもしれません・・・

ということで野次馬根性まる出しで、
二人の絵を見比べてみました。




カラフルというより、その域を越え、
情念メラメラ的な匂いのする、
端から端まで気がこもった気迫を感じる絵になっていませんか・・・
(私管理人の勝手な感想です)

平野ノラさんの絵画

大きいサイズでもあるのですが、それに画面いっぱいの
隅々まで描きこんだ迫力のある作品ですよね。
まさに、「おったまげ〜!のぶっ飛び〜!」・・・です。

描き上げるのにどのくらいの時間をかけるのでしょうね。
私管理人などは、そんなことを心配してしまいます。
推測ですが、描こうと決めたら集中して一気に描きこむのでしょうか。

そうでないと、この様な作品は、思い浮かべたイメージが維持できないのではないかと思うのです・・・
それに平野ノラさんの普段みる言動からしても、そんな気がしてしまいます。

ただ、制作風景を見ると、各枠の線をまず描きこんでから彩色をしていってる様に見えます。
構想がハッキリ決まっているのなら、途中で中断してもまた継続していけるのかもしれませんが・・・

これは制作風景の様です。
平野ノラさんのInstagramに掲載されてました。


出典先:平野ノラさんInstagramより(2019-02-07)制作中

絵の制作風景と共に、「#芸術に価値のあることがただひとつある #説明できないということだ #ジョルジュ ブラック #平野ノラ #制作中 #芸術の秋」との文章を載せているところをみると、自身の絵もジョルジュ・ブラックのようなキュビズム的絵画を目指しているのでしょうか。

因みに、ジョルジュ・ブラックという画家はこんな方です。

ジョルジュ・ブラック
ジョルジュ・ブラック(Georges Braque, 1882年5月13日 – 1963年8月31日)は、フランスの画家。パブロ・ピカソと共にキュビスムの創始者のひとり。ピカソよりも画家としてのキャリアでは劣ったが、絵画における発明の才はピカソも一目を置いた。第一次世界大戦を挟んで画風は一変するが、生涯に渡って絵を書き続けた画家である。仲間から「白い黒人」と描写されるほど体格が良く、また好んでスーツを着るハンサムであった。
Wikipediaより引用・抜粋




ジミー大西さんの絵

ところで、ジミー大西画伯の絵を見てみます。


出典先:NAVER まとめ(天才ジミー大西の絵画作品)より

こんな感じの絵を描いてます。

ジミー大西さんは、特別な絵の勉強をされてはいない様です。
ご自分の感性のままで描いているとか。
それでこんな感じの絵がかけてしまうのですから、
やはり普通の人ではないと感じてしまいます。

ジミー大西さんの絵は、個展以外では販売されていない様なのですが、
画集ならありました。
これで鑑賞するのもありかと。

一番いいのは、個展に行って
実物を見て買うのが最良と思いますが、
かなり高額なのもあり、
しかも今は絵を描く事を止めていて、
個展も開催していないとか。

このようなジミー大西さんの絵の画集
今のところ手に入る最良の方法かもしれません。

比較してみて絵が似てる?

それで、どうでしょうか・・・
似てませんか?

ジミー大西さんは、特にキュビスム的画風を目指しているという記述はどこにも見当たりません。
しかし、平野ノラさんはキュビスムな絵画を目指しているような感じです。

個性的なこの二人の画風は、似て非なるものなのでしょうね・・・
似ているという分類でしか、まとめられないこちら側の鑑賞力の無さが、
こんな感想形になってしまっているのかもしれません。

二人の画風の共通点は何なのか推測してみると、お二人とも自身の感性のままに描きあげているという点ではないかと思えます。
(私管理人の勝手な感想です)

平野ノラさんの絵画の値段や個展は?


出典先:平野ノラオフィシャルブログより(最新作品:2月8日)

ジミー大西さんの絵画の値段は高額だそうです。
個展も数度となく開催されていて、その度に即売もされ、
大きさや作品の状態にもよりますが、数万円から数十万円、
新作になると数百万円にものぼるそうです。

今は絵を描くことは停止しているという事です。

なぜかというと、時給に換算したら350円位になったので、
絵を描くのがバカバカしくなって辞めたとか。
本当か、本心か分かりませんが・・・

しかしそれほど時間を掛けているということですね。
超有名人にならないと、美味しい仕事にはならないということなのか。

職業画家は食えない人がほとんどだといわれるのもうなずけます。
芸術はそんなコスパ感覚でやるものじゃないのかもしれませんが・・・

平野ノラさんも同じ様な絵を描いてますが、
まだ販売まではしてない様です。
もしこれから売れるようになったら、
同じ様な値段になるのでしょうか。

さらに、「そーいえば現役美大生でもあるモデルのベックちゃんの個展も素晴らしかったなー!」と、個展に出かけて刺激を受けたことも明かし、「今年は私も個展を開けるようにがんばろーーーーと!」と意気込んだ。

 平野は以前、「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の「若手プレゼン大会」で“個展開きたい芸人”として自作の絵画を紹介。尊敬するアーティストとして北野武や草間彌生らの名前を挙げていた。
出典先:AbemaTIMES

この様な情報もありますし、
本人も今後、個展を開催する予定があると発表しましたし、
その時にどんな値段がつくのか楽しみです。

開催日の発表が待ちどおしいです。
是非とも実物を見てみたいものですね。