まんぷく(NHK朝ドラ)の原作や安藤百福さん夫妻のエピソード!

2018後期のNHK朝ドラ「まんぷく」が10月1日からスタート!
早くも様々な話題がてんこ盛りに出てきてますね。

ここでは、原作のモデルになっている日清食品創業者安藤百福
(ももふく)さん
仁子(まさこ)さん夫妻の史実や制作などの
エピソードを主に、原作者は誰なのか、あらすじロケ地キャスト
主題歌などを、ご紹介できればと思います。


スポンサードリンク

連続テレビ小説 第99作目の「まんぷく」は世紀の大発明となった
インスタントラーメンを生み出した夫婦の波乱万丈、人生大逆転の
成功物語です。

作品のモデルは実在の人物で、あのチキンラーメンを生み出した夫婦の
日清食品創業者の安藤百福(あんどうももふく)さんと仁子(まさこ)さん。


出典先:NewsWalker

戦前から戦後の高度経済成長時代に、大阪を舞台に懸命に生き抜く夫婦が、
失敗を幾度となく繰り返し“敗者復活戦”を不屈の努力で挑戦した末に、
「インスタントラーメン」の開発に成功するというストーリー。

一話一話がどんな喜怒哀楽の展開を見せるのか、
今からワクワクしています。

原作や安藤百福さん夫妻のエピソード

原作はあるの?

原作はなく、福田靖さん(脚本家)のオリジナル作品で、
前出の日清食品創業者の安藤百福さんと仁子さんをモデルに、
激動の時代を共に戦い抜いた夫婦の愛の物語として、
登場人物や団体名はを改称した上で再構成したフィクションと
なっているという事です。


出典先:NHKオンライン

今までの朝ドラでも、貧乏生活の中で夫婦共に頑張る姿を
みせてくれた「ゲゲゲの女房」とか「マッサン」が
忘れられません。

私管理人にとって、朝の食事時間帯に見せてくれる感動は、
一日のエネルギー源にさえなってます。
ですから、もう楽しみで楽しみでたまりません。




安藤百福さん夫妻のエピソード

◆日清食品ホールディングスの広報部次長の大口真永さんの
インタビューが気になりました。(以下:ニュースウォーカーより引用・抜粋)

質問:
朝ドラに日清食品様の創業の物語が決まった時やその後の、
社内の盛り上がりの様子はどうなのか・・・

大口さん
実は、社内では「極秘プロジェクト」で話を進めていましたので、弊社代表取締役社長で安藤創業者夫妻の息子・安藤宏基と、孫である代表取締役副社長の安藤徳隆、そして我々広報部など極一部の社員を除いては、先月11月14日の記者発表で初めて知ることになりました。
(中略)
「今から楽しみ!」との声が圧倒的多数でした。

質問:
安藤百福さんは、貴社内ではどのような存在なのでしょうか?の質問に、

大口さん
今の若い社員にとっては、雲の上の「偉大な創業者」としての存在感とともに、もはや歴史上の人物になりつつあるようです。
一方、90歳を越えても非常に好奇心旺盛で、アクティブにいろんなことにチャレンジし、少年のようにキラキラする安藤創業者を見ていた社員は、当然リスペクトしているのですが、もう少し身近に感じているのかもしれません。
(中略)
大口さん
「チキンラーメン」をアメリカに売り込みに行った際に、アメリカ人が「チキンラーメン」を紙コップに入れてフォークで食べだしたのを見て、「どんぶりや箸のないアメリカでも食べやすくするにはカップに入れればいいじゃないか」と”ひらめき”、「カップヌードル」を発明したように、本当に晩年まで好奇心・探究心の強い方でしたね。

あとは、「チキンラーメン」が誰よりも好きでした。
「チキンラーメン」を食べ続けた記録は、おそらく誰にも超えられないと思います。
なんといっても、開発中から食べ始め、亡くなる前日まで50年近く毎日食べていましたからね。
インスタントラーメンって、身体に悪いと言われることもあるのですが、安藤創業者は96歳と長寿でしたので、決して悪くないことを体現してくれました (笑)。

質問:
あまり知られていない伝説は?

大口さん
2005年に宇宙食ラーメン「スペース・ラム」を開発したのはあまり知られていないかもしれません。
宇宙飛行士の野口聡一さんが「カップヌードル」を大好きでいらっしゃって、彼のために宇宙でも食べられるようにと開発したものです。
無重力空間で飛び散った水分によって国際宇宙ステーションの精密機器を壊さないようスープにとろみをつけ、麺は食べやすいよう野口さんの口の大きさに合わせて一口大にしたり、また、味覚が鈍る宇宙空間でも美味しく召し上がっていただけるよう味も濃いめにするなどの工夫もしてありました。
この開発の陣頭指揮を執ったのが95歳の安藤創業者でした。

他には、亡くなった直後に、米紙「The New York Times」が社説で”Mr.Noodle(ミスターヌードル)に感謝”として安藤創業者に追悼のメッセージを掲載して下さったのが本当にすごいことだったと思います。

質問:
妻・仁子さんについての記録が少ないが、どんな方?

大口さん
「チキンラーメン」開発時、長期間保存でき、しかもお湯を注いですぐ食べられるようにするにはどうすればよいのかを考えていた安藤創業者が、(中略)ある日の夕食に仁子氏が揚げていた天ぷらを見て「麺を油で揚げることも乾燥に使えるのでは?」とひらめき、その後、後に「瞬間油熱乾燥法」として特許を取得するこのインスタントラーメンの基本技術が、仁子氏の揚げた天ぷらに由来していることが一番語り継がれています。
(中略)
安藤創業者夫妻は本当に仲が良く、晩年の写真も二人で寄り添って笑顔で写っているものが多く、本当に理想の夫婦だと思います。

引用が長くなってしまいましたが、このお話を勝手に変えることはやめたほうがいいと判断しました。
それほど、感動するエピソードだと感じたからです。

NHK朝ドラ「まんぷく」は、脚本家の福田 靖さんが、
ご夫妻の史実をもとに大きく再構成し、この作品を
作り上げたので、史実よりは福田ワールド満載の
ドラマになっている様です。

安藤百福さん夫妻の書籍もあります。
やはりこれだけの話題になる方ですから、
多くの書籍が発行されているのも納得が行きます。

 

あらすじ、ロケ地、キャスト、主題歌、放送時間、脚本家、
などは、NHKホームページで見れます。

こちらからどうぞ
↓ ↓ ↓
連続テレビ小説 第99作『まんぷく』